2015年12月27日

脳みそはフィギュアモード?

先月だか先々月だかに行ったネットカフェ

出る予定時間まで後10分くらいの頃
コミックが読み終わったので
男性誌だか経済誌だかをチラッと見た

それに載ってた記事に書かれてた



羽生



という文字を見た瞬間こう思った

「フィギュアの記事だ










・・・将棋の羽生(はぶ)さんの話でした(^^ゞ
posted by ハッピー at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月23日

2年連続でやらかした(笑)

昨年ネットで放映予定を知ってから観戦してる
フィギュアスケートグランプリシリーズ

グランプリシリーズは基本BS朝日での放映

注:高知県内テレビ局は
日本テレビ・TBS・フジテレビ系列のみ
テレビ朝日は無いので地上波では見られない

ジェレミー・テン選手を初めて見た時
「見たことないのに(名前を)聞いた事ある」と
アホな勘違い(※1)をしたりしつつ(笑)

※1 NBAにジェレミー・リンという選手がいる
(シャーロット・ホーネッツ所属)

ココから本題

繰り返すけど
基本BS朝日で放映されるグランプリシリーズ

唯一『放映予定が無いっ
と2年連続でやらかした大会が



NHK杯



・・・落ち着け私(笑)
posted by ハッピー at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

フィギュア選手の写真

1507so2 (1).jpg


コレは某サイトに載ってた

フィギュアの元エセ女王関連の写真

・・・なんですぐぁー(軽部さんモノマネby山本高広さん風)

バスケ好きが注目するのはその後ろっexclamation×2

左側写真の長身&穏やか笑顔の男性は

元NBAのレジェンド



ディケンベ・ムトンボ元選手



ディケンベ・ムトンボ元選手とは

なんですよー(再び軽部さんモノマネ風)


あまりの身長差に遠近法を疑ったアナタexclamation

安心して下さい 穿いてま・・・イヤ

ムトンボ元選手は身長218cm

女性陣のすぐ後ろに立ってますよ(笑)
posted by ハッピー at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

浅田真央さん選手復帰!



日本中の応援していた人にとって
喜ばしいニュースTV

・・・なんだけど
浅田真央選手のこれまでを
ずっと見ていた人達には
手放しで喜べない部分もあるのでは?

私ですらある

7〜8月のアイスショーの記者会見は
完全に復帰会見になっていた
アイスショーの話もちゃんと聞いて
放映すべきでしょとか思いながら見てた

手前に橋下さんの会見をみていたせいか
伏し目がちで笑顔が少ない
浅田選手のそんな表情が気になった

本当に復帰したかったの・・・?

ハッキリ言う
浅田選手が復帰を決めたのは
純粋な気持ちだけだとは思えない
この復帰に様々なオトナの事情が
隠れていないワケがない
日本も某国もそして世界も

日本フィギュアの状況
織田信成選手の引退
安藤美姫選手の引退
鈴木明子選手の引退
高橋大輔選手の引退
浅田選手まで辞められては・・・
そんな考えが出るのも分からなくもない

しかし浅田選手が完全復帰した後
日本スケート連盟は本気で
浅田選手含む日本人選手を
正しいジャッジングの元で
試合に出させてくれるのか?

今シーズン全ての試合をチェックした
ド素人(私)の答えは即答で『NO』

「戻って来さえすればそれでいい」
そんな事思っていそうでイヤだなぁと思う

今度こそ疑惑の無いクリアなジャッジをexclamation×2
本来なら当たり前のコトを
心から望まないといけないスポーツ
・・・それってどうよ?

そんないばらの道であろう場所を
再び歩く決意をした浅田選手
かつての気高さすら感じる演技が
見られるかもしれないのは
ぴかぴか(新しい)単純に嬉しいぴかぴか(新しい)

夫婦で「プロに転向すれば」と
思っていたが今後また浅田選手を
見たいし応援したいと思う
多くの浅田選手ファンが思っているような
『真央レス』を実は私も感じている
・・・小塚崇彦選手のファンだけど(笑)
posted by ハッピー at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

私思ってます【追記アリ】

<今回の日記は個人的な思い込みです>

私思ってます
ソチ五輪での日本スケート連盟の
選手に対する仕打ちニュースで見た
『連盟の誰も信用できない』
と言った選手がいたのは真実で
それは町田樹選手なのではないか・・・と

そうだとすると彼が連盟にも伝えず
引退を発表した事に合点がいく


私思ってます
今季のグランプリシリーズ
『誰をファイナルに出すか』
を元にテキトーに考えたら
大体当たっちゃうんだな・・・と

シーズン冒頭に思った『誰をファイナルに出すか』
「オリンピックチャンピオンの羽生選手」
「スペイン(ファイナル会場)人のフェルナンデス選手」
「オリンピックがあったロシアから1人」
「後はクリーンに滑った選手から適当に」


私思ってます
すぐ上の『誰をファイナルに・・・』
から外れてしまう選手は
点数が調整されちゃったのかな・・・と

一番強く思ったのは
NHK杯のジェレミー・アボット選手
得点が出るまでの時間が長いと
調整を疑ってしまう


私思ってます
今季のグランプリファイナルの町田樹選手
フリーの得点が低すぎるのは
卒論や体調不良等の理由で出場辞退を申し出た
(ケガ以外での欠場が認められなかったそう)
彼への報復減点なのではないか・・・と

以前日記でTR(つなぎ部分)の得点が低すぎると
書いたけどフリーの得点も低すぎると思っています
確かにジャンプが複数回入らなかったけど
プログラムコンポーネンツ(PCS)が
もっと伸びていい演技だったハズ
そして小塚崇彦選手への報復減点の可能性も
否定しきれず不安が拭えない状態


私思ってます
全日本選手権の『多すぎる女子回転不足判定』は
某国10代選手をアゲるための陰謀の
第一歩なんじゃないの・・・と

本当に陰謀なら来季辺りから
その傾向があからさまに出るのではと想像中
以前からもあったアゲ対象は足りなくても認定
サゲ対象は足りてても回転不足ってヤツ
また出るのかよエセ女王が・・・もうやめて


私思ってます
自分勝手に思い込んでます
あくまでも思い込みですがそう思うと合点がいくのです
(白字の部分)

【追記】H27.4.1
更新当初は白字にしていましたが
後日スマートフォンから見たら
全く見えなかったため青字に訂正しました
・・・イヤあせあせ(飛び散る汗) 
エイプリルフールのウソじゃないから(笑)
【追記終了】

本当にスポーツですか?
フィギュアスケート(´ヘ`;) う〜ん・・・
posted by ハッピー at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月11日

当たりそうで『イヤな予感』

フィギュアスケート・小塚崇彦選手が
先月の全日本選手権の後 
記者会見で特に女子に多く見られた
『ジャンプの回転不足』
について個人の意見を語ったようです

去年ソチ五輪の少し前に
検索しまくってチェックし続けた
(今もしてます)
いくつかのブログの一つで知りました

小塚選手の言葉は全てが『その通り』
現役選手サイドからようやく出て来たかと
そう思ったくらいまともな話

実際ジャンプが回転不足なのかの
検証の類はしていないけれど
(わが家の録画分はスロー再生出来ない)
今まで認定されてきたジャンプのハズ
加えて国際的には非公式扱いとなる国内選手権
世界へのアピールも兼ねてかどこの国も
通常の試合より高得点を出す場合がほとんど
なのに急に認定されなくなったりする事で
総合得点も低くて驚いたひらめき

<ちなみに昨季の全日本と比べてみる>
   平成25年12月(昨季)
1位 鈴木明子選手  215.18点
2位 村上佳菜子選手 202.52点
3位 浅田真央選手  199.50点

   平成26年12月(今季)
1位 宮原知子(さとこ)選手  195.60点
2位 本郷理華選手       188.63点
3位 樋口新葉(わかば)選手  181.82点

注:もちろん選手も演技構成も違うだろうし
得点だけで比べるのはどうかとも思うけど
昨季の村上選手の3T−3T(※)の
コンビネーションジャンプは認定されてるけど
今季は両方のジャンプが回転不足判定
ショートプログラム終了後
満足気な笑顔を見せた村上選手
得点発表後に表情が凍りついてましたがく?(落胆した顔)

※ 3T−3T
トリプルトゥループ − トリプルトゥループ
の意味です

ココからが本題
当たりそうで『イヤな予感』は

たらーっ(汗)世界選手権での報復減点たらーっ(汗)

先月の全日本選手権フリーの演技で
全てのジャンプを転倒なく下りた小塚選手
両足着氷や回転不足もあったとはいえ
なかなかジャンプが入らなかった彼の
そんな演技が嬉しくてウルウルした
当然本人もコーチ陣もガッツポーズ手(グー)

ようやくジャンプが入りだした
そんな彼の次の大舞台で
待ち受けているかもしれない報復減点

今季のフィギュア世界選手権は
中国・上海で3月23日〜29日まで

ココを見てるアナタ
大会の放映を見なくてもいいです
でも出来ればその後のスポーツニュースか
新聞をチェックしてみて下さい

小塚崇彦選手の報復減点の可能性
・・・不安が拭いきれません
『イヤな予感』当たらないといいなぁあせあせ(飛び散る汗)
posted by ハッピー at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする