2016年08月09日

リオ五輪女子バスケ「日本対ブラジル」

リオ五輪女子バスケ・グループAの2試合目

「日本 対 ブラジル」

テレビ観戦して驚き💡

放映自体は第3クォーターからという
ちょっとお粗末なモノだったんだけど
(オリンピック出場が3大会ぶりなんだから
冒頭から見せてくれよー(-。-) ボソッ)

放映開始時点で14点差でリードエッ? (;゚听)ノ マジ?
(ちなみに47対33)

その後は点差を広げたり詰められたり
それでも点差が10点台になっても
ヒトケタに詰められることなく

第3Q終盤にブラジルが
2〜3回バスケットカウント決めてきて
実力差かーとハラハラしたけど
スタメン中心に頑張って勝利

日本 82 対 66 ブラジル



大金星だーっ!



\(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/ヤッタァー!!



まさかまさかの2連勝
正直第3Q冒頭の得点は
相手は世界ランク7位
日本は16位ってのを考えたら
「逆でもおかしくない」
そんな事を感じながら見てた

後半しか見てないけど
個人的なこの試合MVPは渡嘉敷選手
・・・って2試合連続やーん(笑)

初戦のベラルーシ戦よりは
間宮選手も良かったんだけど
サイズで劣らない渡嘉敷選手が
しっかり戦えてるのは強みだと思う

インサイドにパスを入れたら
点を決めてきてくれる選手は
ガード陣にとっても貴重なハズ

ディフェンスを内に向かせられたら
3ポイントが楽に打てるし
確率も上がると思うんだよねー

しかし不安材料もある
それは吉田選手が交代すると
攻撃が停滞することと
スタメンの出場時間が長すぎること

大神選手が君臨していた頃は
こんなに効果的なパスを回せるガードに
なるとは予想すらしてなかった

日本が強くなれた理由の一つだと思う
だけど吉田選手だけが出来てるでは
ダメなので特に今大会では
町田選手にその辺を考えてもらいたい

この2試合はスタメン+田選手というイメージ
もちろん町田選手や近藤選手等々
他の選手も出てる
だけど強豪揃いなせいもあるんだろうけど
活躍出来ているとは正直言い難い

2日に1回残り3試合まずはこれを
なんとか乗り越えてくれたらなーなんて
祈るような気持ちになってる

リオ五輪グループA突破の光は
確実に大きく見えているハズ
今度のトルコ戦に勝てたら確実
全員が全力出し切れー
posted by ハッピー at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | バスケットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440892664

この記事へのトラックバック