2015年01月16日

つくばロボッツ11人自由契約の経緯・選手の現在(2)

バスケットの将来を考え
自分の選手生命を賭す覚悟で自由契約に踏み切った
元つくばロボッツの選手達11人

今回は番外編のような話(2)です
選手の動向に変化がありました〜手(チョキ)
変化を知ったのが1月15日なので
1月15日現在の選手の動向を書いておく

注1 NOはつくば時代の背番号
注2 (1)との変更部分は青字

NO. 5 橘 佳宏選手 → 所属先無し

NO. 6 竹田智史選手 → 和歌山トライアンズ(※)
和歌山トライアンズと契約締結
(1月14日NBLホームページニュース欄に記載)

※ 和歌山トライアンズのチーム名は運営悪化から
NBLに退会届を出した旧運営会社所有の名前
変更の可能性もあるが現在ではそのまま記載


NO. 7 浅野崇史選手 → 所属先無し

NO. 9 高島一貴選手 → 和歌山トライアンズ
和歌山トライアンズと契約締結
(1月14日NBLホームページニュース欄に記載)


NO.11 岡田優介選手 → 所属先無し

NO.15 佐藤託矢選手 → 和歌山トライアンズ
和歌山トライアンズと契約締結
(1月14日NBLホームページニュース欄に記載)

NO.19 中村友也選手 → つくばロボッツ
つくばロボッツと契約締結(12月5日公示)

NO.31 木村 蓮選手 → つくばロボッツ
つくばロボッツと契約締結(12月12日公示)

NO.41 加納誠也選手 → 千葉ジェッツ
千葉ジェッツと契約締結(12月10日公示)

NO.45 鹿野洵生選手 → 信州ブレイブウォリアーズ
bjリーグ・信州ブレイブウォリアーズと契約締結
(1月5日・本人ツイッターにて発表有り)

NO.77 大金広弥選手 → 和歌山トライアンズ
和歌山トライアンズと契約締結
(1月14日NBLホームページニュース欄に記載)


正直和歌山トライアンズも運営悪化が原因で
運営会社が退会届を提出していたのを
リーグ(NBL)がつくばロボッツ同様
『何が何でもチーム(のみ)を存続させるぞ』
とそこだけに必死で動いた・・・
と思ってしまうのは私だけだといいなと思う

ただつくばロボッツの正しい経緯を見ていると
元NBL専務に対する信頼度が
ガタ落ちになっても全くおかしくない
11月に専務辞任後すぐ新運営会社の代表になり
12月上旬にはリーグに承認された・・・なんて
出来レース臭がするのは私だけだといいなとも思う

少々キツい事も書いたけど
本来プロ選手として活動出来ていたハズの
元つくばロボッツ選手達が今後も
プロ選手としてキャリアが続けられるのは
単純に良かったと思っている
『コソッと応援』竹田智史選手の事も
心配していたのでホッとしてる

今シーズン中に1回観戦出来たらいいなと
夫婦して思ってはいるけれど
オットの入院関連で色々ありそうだから
(退院してもすぐ仕事復帰出来ないし)
休みが取れるかどうかも疑問符が付くし
どうなるやらって感じ

残るは橘選手・浅野選手・岡田選手の3人
今回のつくばロボッツの件で
選手のツイッターを追いかけていたら
竹田選手以外の動向も追いたくなったので
今後も色々チェックしていきたいと思ってる

バスケットボール11人全員にバスケットに専念できる環境をバスケットボール
posted by ハッピー at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 声を上げた選手達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック